2007年04月30日

怒涛のKOラッシュ!『K-1 WGP 2007 in HAWAII』全試合結果

藤本祐介は残念!
澤屋敷純一はよくやった!
澤屋敷は今後の活躍が期待ですね・・・
-----------------------------------------------------------------

現地時間4月28日(土)、ハワイのニールブレイズデルアリーナで開催された『K-1 WORLDGP 2007 IN HAWAII』は怒涛のKOラッシュで沸き上がった。

第10試合では、K-1に新設される初代ヘビー級王者(100kg以下)決定戦、バダ・ハリ vs 藤本祐介の一戦が行われ、試合は、バダ・ハリが1R序盤から藤本を圧倒。左のジャブでダウンを奪うと、最後は左の膝蹴り、右フック、離れ際に左のハイキックを叩き込む、凄まじいコンビネーションで藤本をマットに沈めた。勝ったバダ・ハリは、K-1史上最年少となる22歳での王座戴冠を果たした。

また、K-1WGP本戦出場を懸けた、予選トーナメント『アメリカGP』では、大本命マイティ・モーが3試合連続のKO勝利。圧倒的な強さで優勝をさらった。とりわけ、決勝のアレクサンダー・ピチュクノフ戦は白熱の好勝負に。ピチュクノフは回し蹴りを多用し、モーからダウンを奪うなど奮闘をみせるも、最後は3R開始早々、モーが放つローキックで失速。そのままパンチのラッシュを浴びてのKO負けとなった。

スーパーファイトでは、“バンナを破った男”澤屋敷純一ランディ・キムに、チェ・ホンマンマイク・マローンにそれぞれ快勝。澤屋敷は、3月のK-1横浜大会のバンナ戦以来、約2ヶ月振りのK-1登場。大金星となった一戦後、初の試合となり真価が問われる中で、見事結果を残してみせた。

(ライブドアスポーツ)
posted by K at 23:17| トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。